2012/11/24〜:毎日更新から不定期更新に変更中
暫くの間、麻衣ペースに書きますネ(^^)/

秒速5センチメートル:感想

話題になっていた劇場公開、DVD発売当時にも、とても興味の引かれる作品だったものの、ついつい機会を窺っているうちに見損ねていたのですが、昨日、ひょんな機会から、ほぼ7年越しの初鑑賞となりました。

新海誠 監督作品
連作短編アニメーション
pstb5cm
『秒速5センチメートル』


鑑賞を終えての感想を、のこしておきたくなったので、全く参考にならない極めて私情を絡めたポンコツで短い駄文ですが以下に。ネタバレ注意。
===============================
※私自身がのこしておきたいから書き残しておいただけの文章なので、かなり意味不明な文脈になっていると思いますがご了承ください。

まるで、わたし。

境遇や体験、記憶、ましてや外見も、決して似ている訳ではない。
けれどもまるで、中身が、精神が、わたし。

主人公「貴樹」と、その初恋相手「明里」の、小中学校での淡い恋心から始まり、社会人に至るまでを、第一話『桜花抄』、第二話『コスモナウト』、第三話『秒速5センチメートル』という三部構成で描いています。

新海誠節が炸裂というのか、大円団の100%のハッピーエンドとはいかないあたりは覚悟していましたが、その覚悟の遥か上をいきました。(爆)

第一話『桜花抄』では、強い自覚は無いながらも、淡い恋心に体が突き動かされているような、あの小中学生時代に特有な、ワクワクドキドキと冒険でもしているかのような恋心と、不器用で想うような展開を広げられない力不足を痛感させられるもどかしさに、心をキュッと締め付けられつつ、恋するふたりで交わす約束に温まる微笑ましさがあります。

第二話『コスモナウト』では、高校進学と共にふたりは離れ離れの地での生活になってしまい、それでも手紙を通すことで、他愛ない内容ながらも想い合うふたりの心の繋がりが感じられるも、次第に別々の経験を経るごとにその現実的な距離感というものが、ふたりの間に見え隠れし始めます。

第三話『秒速5センチメートル』では、社会人になり、いまだに過去の彼女への想いに縛られ立ち止まってしまう「貴樹」と、初恋の彼との思い出を「幼いふたりの思い出」として大切に心にしまいつつも、別の世界を前に進もうとしている「明里」が、悲しく切なく皮肉にも対比的に描かれています。

敢えて、すごく雑に言ってしまうと、全体を通して滲んでいる感情は、
貴樹の初恋相手である明里への未練であり、嫉妬や後悔です。

他のありふれた定型のような恋愛作品ではなかなか見る機会の無い、無情とも言えるような現実的で奇跡も劇的な転機にも恵まれない、「そういうものだよね」な結末がやってきます。

なんと表現するのが良いのか迷いますが。
これが適切なのか分かりませんが、素直に私の感情として。

とうてい許容はできないけれど、妙に納得してしまう。
決して綺麗ごとではないのだけれど、その中にある種の美しさも感じる。
夢にみるような出来事だけれど、無情なまでに現実的。


すべて、矛盾しているような、だけれども、そうとしか書けない。
そこで、最初に書いたように、強烈に主人公の中身が、精神が、私自身を見ているようなんです。

正直、つらく、恐ろしく、不安になってきます。
まるで、自分の末路を見ているようで。いま、渦中なのに。

楽しめるけれど。感動するけれど。
辛くなるけれど。切なく悲しくなるけれど。

そんな矛盾な感情に包まれ、突きつけられる作品でした。

こんなふうに書くと、最終的に作品に対して悪評価なのかと誤解されてしまいそうですが、そういう訳では無くですね。むしろ手元にのこしておきたい程に、お気に入りと言えそうです。

ただ、何と書けば良いのか。
悪く書きたい訳ではなのですが、書くとこうなってしまいます。

許しがたいけれど、とても興味深く共感できる作品。

こういった演出・展開・結末の作品は、恐らく好き嫌いがハッキリ分かれそうですね。

ただ、最後にひとつだけ。
私は今回、大切な人と鑑賞しましたが、「良い意味で」、
私みたいなタイプの人間には、目の前でトラウマになりかねないので、
ある程度、気持ちの準備をしてから楽しむのが良いと思います。(爆)
===============================

poster
緻密で美麗な風景描写と、心理描写の巧みさが素晴らしい新海誠監督ですが、偶然が重なりこちらは劇場公開初日に鑑賞しました、同じく監督の短編アニメーション『言の葉の庭』もオススメです。

コメント一覧

    • 1. 熊
    • January 30, 2014 01:53
    • ID:LRNNsYD30
    • おひさC ぶりなコメントです。

      アオくんが
      こんな切な過ぎる作品を取り上げてびっくりしました。

      それと『機会』があったらこの作品に出てくる「岩船駅」を
      麻衣処巡りと同じような感じで訪れてみてください。
      その時、「秒速5センチメートル」で「岩舟駅」が登場するシーンの映像を見ながら
      この駅にたたずんでみると よりこの作品が感慨深(以下自粛)

      2011年10月の岩船山クリフステージ#11のチケットの件で夏に2回
      ライブ当日と計3回訪れました。
      ライブ当日は感傷的な秋の夕暮れ時に訪れてしまったので
      「秒速5センチメートル」ならぬ「心がおセンチメンタル」に(以下余白)

      最後の方で寒いネタを書いしまいましたが
      岩舟駅周辺が日本のふるさとって感じがします。
      そしてとても素晴らしいこの作品を取り上げていただき感謝致します。
      おやすみ野菜(訂正)なさい(σω-).。o○
    • 2. アオ
    • February 26, 2014 18:37
    • ID:rjT4ZyCX0
    • 熊さん>
      お久しぶりです♪
      遅過ぎで恐縮ながら(苦笑)、今年もよろしくお願いします(*^_*)

      そうちょうど、つい先日から新海誠さんが作画等を担当された
      Z会のCM放映が始まったそうですね!
      ウェブ限定120秒バージョンもあり必見です(^^)

      次回作も楽しみですねぇ♪((o(^∇^)o))

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
麻衣コミュニケーション
Article Search
Categories
Archives
麻衣友 Blogger Links
Release Information
Recent Events
はアオ参加確定
はアオ参加予定

-2014-
Visitors
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Blogger's Profile
アオ

千葉・20代のMai.Kファン「アオ」です!!
Blogから地道に麻衣さんを応援していきつつもBlogをキッカケに麻衣友さんの輪が広がっていくと大変嬉しいです☆
どうぞ宜しくお願い致します♪

1st.Blog(Livedoor)
1st.Blog「Mai Time...」
2nd.Blog(Ameba)
2nd.Blog「Mai Time... 〜24 mai〜」

麻衣コミュニケーション No.283
(サーバー管理・運用担当)

mixi(17953749)

twitter(ao_mark)

MCI No.007
麻衣ちゃん中古CD救出委員会

私は「うそこ大学」在学生です。

blogram投票ボタン

Mail Form
「アオ」へのメールはコチラ
Mail form is click here.